カテゴリー
オンラインコンテンツ

IASTM VIDEOS

| 下 肢 |

足部・足関節へのアプローチ (06:52)

下腿へのアプローチ (07:33)

膝へのアプローチ (03:05)

大腿部へのアプローチ (05:48)

|頭頚部・体幹|

脊柱起立筋・広背筋へのアプローチ (05:57)

仙腸関節へのアプローチ (01:57)

横隔膜へのアプローチ (01:31)

頚部へのアプローチ (04:24)

|上肢|

肩へのアプローチ (03:54)

上腕へのアプローチ (03:25)

前腕へのアプローチ (02:13)

手関節・手部へのアプローチ (02:02)

詳細内容及び購入のお申し込みはこちらhttps://lifedesignlab.info/smart/products/

サンプル動画

カテゴリー
オンラインコンテンツ

河合智則DCから動画で学ぶ神経モビライゼーション

~末梢神経由来の痛み・違和感を始めとする機能障害の実践的な機能改善方法を学ぶ~

講師:河合智則DC

価格:8,000円(税抜)*オンラインアクセス限定

〇内容

座学:末梢神経について/Fascia論(Fasciaの定義、Fasciaと末梢神経)/ニューロダイナミクス/神経モビライゼーション考察/参考文献

実技:イントロダクション/上肢:正中神経/橈骨神経/尺骨神経 下肢:坐骨神経/脛骨神経/大腿神経

エコー:正中神経/橈骨神経/尺骨神経/脛骨神経

合計43分26秒

*購入者にご案内するパスワードを入力いただくことで、何度でもご視聴いただけます。

〇河合智則DCより

Fascia系でも問題の元と捉えられる事もある末梢神経の問題へのアプローチ。まだ日本だとハンズオンでこのアプローチでまとまったものはありません。

注射を打てるわけではないのでアプローチが難しいと思われますが、末梢神経もFascia組織に影響されるわけでその粘弾性を変化させるアプローチをすることで応用できるわけです。David Butler系、ART系、Fasciaリリース系を合わせたアプローチ法です。

内容は座学、実技アプローチ、エコーによる末梢神経の観察の三編で構成されています。

座学はFasciaの話と合わせてお伝えしています。
実技はDavid butlerに代表されるNerve flossing神経ストレッチに加えて徒手療法ならではの手法を含めてアプローチを行います。

神経をストレッチするだけではFasciaの粘弾性、局所におけるストレスを考慮すると不十分です。神経ストレッチ・スライダー手技に徒手アプローチを加える事での改善を目的にしています。

エコー動画はしっかりと末梢神経を捉えられる部位のみをカバーしています。エコーにて2Dでの生体内の動きをイメージいただけたらと思います。

皆様の臨床における患者貢献の有益なアクセント、スパイスとなれましたら幸いです。
河合智則 DC
Doctor of Chiropractic

ご購入はこちらから https://forms.gle/KvqWC7ExYRuB9Zis9

*オンラインアクセス限定となります。ご購入いただいた後、ご購入者様のご都合による返金はお受けいたしておりません。ご理解の程お願いいたします。